同棲ライフ

同棲するタイミングはいつがベスト?結婚前提とかじゃないといけないの??

ハートマークを作っている

同棲するタイミングはいつがベスト?

ハートマークを作っている

みなさん、こんにちは。

みなさんは今付き合っている人とゆくゆくは結婚したいですか??

もし結婚を前提に付き合っているのであれば、その前に同棲するというステップを踏む人がほとんどだと思います。

でも、同棲っていつのタイミングで言うのがベストなんでしょう。

人によって本当に様々だと思います。

そこで今回は同棲して2ヶ月目の私が感じた同棲する時のタイミングについてお話ししていこうと思います。

・就職や転職などの場合

まずはこちら。就職や転職する場合は人生においても非常に大きなターニングポイントとなります。

これまでの生活環境がガラッと変わるので、その影響によってなかなか時間が取れなかったり仕事の疲れで会う時間というのが減ることもあります。

心身共に不安定な状態に陥る場合が非常に高いのでお互いを支え合う為にも同棲する良いきっかけになるはずです。

・遠距離恋愛になる場合

海辺ではしゃぐ男女

仕事の関係で地方に転勤があったりすると遠距離恋愛になってしまいます。

私も経験はあるのですが、遠距離恋愛になるともちろんなかなか会うことは出来ませんし、引越し先なども決めなければいけません。

ただでさえ寂しいのに、様々な手続きをしなければいけないのはしんどいし面倒くさいですよね。。。

また、遠距離恋愛はそんなに簡単なものではありませんし、もしかしたら遠距離恋愛が原因で別れてしまうカップルも多いみたいです。

そんな時こそ一緒に住むことによって互いの不安を解消できますし、更に親密になれるチャンスなので、本当にその恋人と一緒にいたいのであれば迷わずに思い切って同棲という道を進むのも良いでしょう。

・マンネリ化してきた場合

1〜2年以上付き合ったりしていると次第にマンネリ化してきます。

マンネリ化している場合には新しい刺激がないとなかなか抜け出すことができません。

そんな時こそ同棲することをオススメします。

私もそうだったのですが、普段から外出してデートするときなどはお互いがリラックスしていると言っても前段階で自分をよく思われるようにオシャレや気を遣ったりするはずです。

その為、付き合っている年数は長くてもお互いにわからない部分というのが多々あります。

もちろん、良い部分ではなく悪い部分もそれなりに発見するとは思いますが、

それも全て良い刺激に変わるはずです。

逆に同棲しないまま付き合っていてもその後の進展は見込めないと思うので、一歩前進してみましょう。

・家賃の更新時期が近い時

キスしている男女

基本的に賃貸契約というのは2年毎の更新となります。

更新するとなると、家賃の1〜2ヶ月分更新料が発生してしまう場合があるので、家賃の更新時期というのは同棲するタイミング的にはバッチリです。

私もちょうど彼女と更新時期が被っていたのでめちゃくちゃ助かりました。

もし、更新時期が被らなかった場合であっても、数ヶ月のズレであれば、一時的に恋人の家に居候させてもらうのもありなのかなと思います。

・結婚を意識している場合

同棲をする1番の理由がこれだと思います。

私もそうですが、同棲することは幾つか理由がありますが、

1番の理由としては結婚を意識しているからだと思います。

同棲は結婚する前の最終ステップだと考えている人も多いはずです。

そうでなければ、わざわざ一緒の部屋に住もうとは思いませんよね。

また、結婚を意識しての同棲であれば、「この人と一緒に家庭を築いていけるのか」という風にお互いがお互いを認識するはずです。

その為、お互いに真剣に話し合ってから同棲をするべきなのかを考えるのが良いでしょう。

・まとめ

今回は同棲するタイミングについて書きました。

人によってタイミングは様々あると思います。しかし、同棲するタイミングというのは意外と少なく、長年付き合っているカップルとかの場合は逆に長く付き合い過ぎたせいで同棲のタイミングを見逃してしまうこともあるみたいです。

その為、私的には一番自分が同棲したいなというタイミングで同棲するのが良いのかなと思います。

私も付き合ってまだ半年もいかないくらいで同棲を始めましたが、出会った瞬間から

「絶対にこの人と一緒に居たい」と直感で感じました。

まだ2ヶ月目ですが、めちゃくちゃ幸せです。

今回の記事を読んでみて、もし同棲を考えているのであればタイミングや自分の直感を見逃さないようにしましょう!

それでは、また。

 

ABOUT ME
shou
東北地方出身の20代。 高校卒業後、地元の消防士となるが劣悪な環境や人間関係、東京に上京したいとずっと考え3年後に東京へ。 新聞奨学生をしながら専門学校に通い、人材派遣会社へと就職。 退職しその後IT企業へと転職。 現在は筋トレしながらブログを書くという生活。