アニメ・漫画・映画

アニメ『Extreme Hearts』は面白い?つまらない?Twitterの評価や感想を徹底解説!

アニメ『Extreme Hearts』は面白い?つまらない?Twitterの評価や感想を徹底解説!

2022年7月10日よりアニメが放送されている『Extreme Hearts』。

『Extreme Hearts』という作品が面白いのかつまらないのか気になる人も多いはずです。

そこで本記事では、あらすじや基本情報のほかに作品についての評価や感想について紹介します。

また、『Extreme Hearts』って百合アニメなの?と疑問に思う方もいるはずなので、そこについても解説します!

Extreme Hearts|基本情報

アニメ『Extreme Hearts』

© PROJECT ExH

アニメ制作スタッフ

  • 原作・脚本:都築真紀
  • 監督:西村純二
  • 総作画監督:橋立佳奈
  • キャラクターデザイン:新垣一成
  • 音楽プロデューサー:太田雅友
  • 音楽:EFFY
  • 放送期間:2022年7月10日〜
  • アニメーション制作:Seven Arcs
  • 製作:PROJECT ExH

『Extreme Hearts』は、原作漫画や小説はなく、完全オリジナルアニメ作品として制作されました。

ちなみに作者は『魔法少女リリカルなのはシリーズ』を生み出した都築真紀さんです。

それに伴い、アニメーション制作会社も『魔法少女リリカルなのはシリーズ』を手掛けたSeven Arcsとなっています!

Extreme Hearts|あらすじ

アニメ『Extreme Hearts』

© PROJECT ExH

現在よりそう遠くない未来で、支持されているホビー競技「ハイパースポーツ」。

サポートアイテム・エクストリームギアを駆使して遊ぶホビー競技は、幅広い世代から人気だったのです。

主人公は高校2年生の少女・葉山陽和。

中学時代にプロデビューを飾ったシンガーソングライターの1人でもあり、歌を歌う仕事に憧れていた陽和は、スポーツとは無縁の女子高校生でした。

地道に歌手として練習していましたが、「一定の評価を得られない」という理由で所属事務所に契約終了を宣告されてしまいます。

しかし、契約宣告と同時に芸能人が参加するハイパースポーツの大会「Extreme Hearts」への参加を勧められたのでした。

ハイパースポーツで勝利することでステージで歌を披露する権利が得られることを知った陽和は、自分の夢を続けていくために参加を決意。

陽和はハイパースポーツで勝利して歌を披露することができるのかー。

Extreme Hearts|Twitterの評価や感想

アニメ『Extreme Hearts』

© PROJECT ExH

本作品は面白いのでしょうか。

Twitterの感想をまとめてみました!

面白いという方の声

まずは面白いという方の声を紹介します。

「話が進んでいくことで登場人物それぞれの事情が明らかになってきて面白い!」、「OP・EDの音楽がいい!」という声が多くありました。

今後、どんな風に夢を叶えるために少女たちが頑張るのかが見どころの1つですね!

つまらないという方の声

次に面白くない、つまらないという方の声を紹介します。

つまらないという意見の多くは、1話を視聴しただけで面白くないと感じてしまい、視聴するのをやめたという方がほとんどでした。

筆者的にはストーリーが結構ガバガバ展開なのも気になりましたね。

例えば、サッカーの試合でいきなり応援していたメンバーが試合に参加していたりとかメンバーの半分はロボってで構成されていたりとか・・・。

もう少しルールを設けてストーリーを構成してもらえるとよかったかなって思いましたね・・・。

“20代限界”
“20代限界”
物語にまとまりがないように感じたね・・・

Extreme Hearts|百合アニメって本当?

アニメ『Extreme Hearts』

© PROJECT ExH

 

スポーツアニメで夢を追う女子高生の姿が描かれているはずの『Extreme Hearts』ですが、百合アニメという声もあります!

ジャンルとしては、スポーツアニメで間違いありません。

ただし、登場人物がほとんど女子高生となっており、仲間と助け合っていくストーリのため、見る人によっては「百合アニメ」と感じてしまうかもしれません。

そのため、百合展開が好きな人にもおすすめの作品といえるでしょう。

ABOUT ME
shou
フリーランスWebライター兼ディレクターとして活動している主がアニメや漫画に関する情報を提供していきます。 YouTubeチャンネルも運営中のため、チャンネル登録よろしくお願いします!