転職活動や仕事について

仕事を辞めるのは甘えではない!うつになる前に辞めましょう。元公務員(消防士)が語ります。

悲しんでる男性

私は公務員を辞めました。

悲しんでる男性

みなさん、こんにちは。

突然ですが、私は公務員を辞めています。

こんなことを聞いたら皆さんはどう思いますか??

「公務員を辞めるなんてもったいないよ・・・」とか「その後の人生どうするの・・・?」と思う方もいるかもしれません。

でも私は公務員を辞めて4年ほど経ちますが、元気に仕事をしていますし、なんなら今の人生の方が公務員として働いている時よりも幸せです。

あ、ちなみに公務員というのは消防士です。

それで何が言いたいかと言いますと、

「公務員を辞めても人生どうにでもなるので、仕事辞めても全然大丈夫です!」ということです。

それに私は大学に行っていません。

よく高卒や専門卒だと転職とかが難しいと言われていますが、そんなことはありません。

必ず雇ってくれる企業はあります。実際に私がそうなのですから。

今回は「仕事が辛いけど、なかなか辞められない」とか、「上司が怖くて辞めたいなんて言えない」、「仕事辞めた後の人生どうなるかが心配・・・・」なんて方は絶対に見てください!

それでは心を込めていきます!

・何をするにも体が一番大事

私は高校を卒業してすぐに消防士になりました。

最初は、消防士=公務員で安定してカッコいい仕事。という風に思っていたので、

消防士になった時点で正直勝ち組になったと浮かれていた自分がいました。

しかし、実際に配属されると、パワハラやモラハラは当たり前、私の先輩にはストレスにより円形脱毛症になっている人もいました。

私自身も、ミスがあると蹴られたり、雑巾やチョークを投げつけられたことなんてザラにあります。

私の同期は勤務中に罵声を浴びせられ続けたことにより過呼吸を起こしてしまい、うつ病になってしまった人もいます。その人は結局消防士を辞めてしまい、今もまだ精神的に不安定な状態で新しい仕事も見つからない状態となっています。

「仕事をしたい、働きたい」と思っていても過去の出来事や経験が自分の体を蝕んでしまい、それが生涯に渡って続いていくので人生を棒に振って終わってしまうなんてことも珍しくはないのです。

そんなきっかけで自分の人生を台無しにしたくないですよね。

私も3年間働いて辞めたのですが、もし辞めていなかったら今のようにブログを書いている余裕すらなかったでしょう。

なので、自分の体に支障をきたす前に、辞めたいと思ったら無理をせずに辞めましょう。

・辞めるのが悪いという文化は古い

「でも辞めたいなんて言ったら上司から何て言われるかが怖いしなぁ・・・」

「私が仕事辞めたら迷惑がかかりそう。。。」なんて思う方もいるかもしれません。

大丈夫です!安心してください。全くそんなことはありません。

そもそも仕事を辞めたいと言った時に上司や会社全体がそれを止めるというのは出来ませんし、あなたが辞めたからといって会社が潰れるわけではありません。

上司はあなたが辞めたことによって変わる自分の評価を気にしているだけなのです。

そもそも仕事を辞めるというのが悪いなんてこと自体おかしいのです。

より良い環境で働きたい、もっと良い条件で働きたいと思うことは向上心があるということです。

そう思うのは当たり前のことです。

それを頭ごなしに否定する上司がいたら無視しましょう。

その人は自分の評価を気にしているだけか、妬んでいるだけなので。笑

私も消防士を辞めると伝えた時には、上司や周囲の人からめちゃくちゃ嫌味を言われましたし、「消防士なんて辞めるのはもったいないし、そんな人雇ってくれる会社なんてどこにも無いよ。。。」なんてありがたい助言もいただきました。笑

でも全部フル無視しました。

だってそれを決めるのは自分自身だし、他人は所詮他人です。

自分が正しいと思ったら何も間違いはないのです。

・辞めたいと思った時こそが大事

綺麗な景色

「よし、会社辞めよう!」と思ったらすぐに行動しましょう。

正直いうと、転職活動は時間もかかりますし、決して楽ではありません。

でも、「今の会社を辞めよう!」と決意した瞬間というのは行動する良いきっかけになります。その気持ちがあれば転職活動も気合でなんとかなります。

決意した瞬間にまずは転職サイトアプリをいくつかダウンロードをして、早速求人を見てみましょう。

・企業はいくらでもある

壁を見つめている男性

しかしながら、いざ転職アプリを使ってみても自分が何をやりたいのか、どういう仕事があるのかがわからないという方も多いのではないのでしょうか。

私も、消防士になった時には他の企業や業界など一切見てなかったので、

どういう企業があるのかなども一切わかりませんでした。

その場合には、自分で探すのも大事ですが、効率的に探す為にも転職エージェントなどを頼るのも良いでしょう。

とは言っても、転職エージェントも数が多いです。

その為、私が実際に使ったことのあるマイナビエージェントさんなどがオススメです。

自分がどの職種に合っているかの適正診断や面接対策、また普段は公開されていないような求人まで紹介してくれることがあります。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s

もちろん、転職のサポートは全て無料ですし、転職エージェントにお勧めされたからといって、その企業に行かなければいけないということもないので安心してください。

最近ではテレワークを推奨している会社も多いので、テレワークしながら働きたいなど要望を言えば求人を出してくれるハズです。(ちなみに私もテレワークの会社で働けてます。)

使うのはタダですので積極的に使うようにしましょう。

 

会社
就職や転職活動で避けるべきブラックな企業や業界を厳選してみた! みなさん、こんにちは。 今回は転職活動で避けるべきブラックな企業や業界について話していこうと思います。 私自身は転職...

・辞めたくても辞められないのなら退職代行を使おう!

決意は固まったら後は上司に言うだけだと思います。

でも、なかなか言いづらいですよね。。。

私もかなり言いづらくて、結局言うまでに1ヶ月くらいかかりました。笑

また、ブラック企業だと言っても辞めさせてもらえなかったり、辞めるとしても、1ヶ月や2ヶ月後でないと辞めさせてくれないなんて企業もあります。

実際に私も、上司に辞めるといったのが9月だったのにもかかわらず、結局は3月まで出勤することになりました。そうなると、非常に会社に居づらいですし、何よりも時間の無駄です。

そんな時には、退職代行を使いましょう!

退職代行というのは、辞めるときの手続きを全ておこなってくれるサービスです。

しかも即日で辞めることが可能です!

辞める日になったらあなたは会社に出社せずに退職代行サービスから連絡を待つだけで辞めることができます。もちろん、有給消化して辞めたいなどの要望があれば、その要望を叶えてくれることもできるのです。

しかも弁護士法人が運営しているので、万が一のトラブルがあったときでも安心です。

弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」

私が辞めるときにはこのようなサービスは普及していなかったのですが、

もしあったのならば絶対に使っていたと思います。

無駄な手続きや、もう即日で退職したいということであれば、退職代行を使うことをお勧めします。

・まとめ

今回は仕事を辞めるのは甘えではなく、うつになる前に仕事を辞めるべきというお話をしました。

まとめると、

要点まとめ

・何をするにも体が一番大事

・辞めるのが悪いという文化は古い

・辞めたいと思った時こそが大事

・企業はいくらでもある

・辞めたくても辞められないのなら退職代行を使おう!

何度でも言いますが、仕事を辞めたいのであれば体が壊れる前にやめるべきです。

その判断が例え間違ったとしてもやり直す方法はいくらでもあります。

今回の記事で少しでも前に進める方が増えたらなと思います。

それでは、また。

 

会社
就職や転職活動で避けるべきブラックな企業や業界を厳選してみた! みなさん、こんにちは。 今回は転職活動で避けるべきブラックな企業や業界について話していこうと思います。 私自身は転職...

 

ABOUT ME
shou
東北地方出身の20代。 高校卒業後、地元の消防士となるが劣悪な環境や人間関係、東京に上京したいとずっと考え3年後に東京へ。 新聞奨学生をしながら専門学校に通い、人材派遣会社へと就職。 退職しその後IT企業へと転職。 現在は筋トレしながらブログを書くという生活。