同棲ライフ

20代男性が東京スカイツリーでデートしに行ってみた結果!!

彼女とスカイツリーデートにいってきた!

みなさん、こんにちは。

今回は久しぶりに東京スカイツリーに行ってきました!

ここ最近、あまり外出していなかったのと、東京スカイツリーに1年半くらい全く行けてなかったので彼女と久しぶりに行きました。

今回はその日常ブログを書いていこうと思います。

・アクセス経路

東京スカイツリーに行くまでの経路ですが、いくつかあるみたいです。

スカイツリーまでのアクセス

参考元:https://www.tokyo-skytree.jp/access/

最寄り駅はとうきょうスカイツリー駅か押上駅かのどちらかになります。

とうきょうスカイツリー駅の場合は、東京スカイツリーラインを主に使うことになります。

押上駅の場合には都営浅草線を使うことになりますね。

今回は都営浅草線を使って押上駅から降りました!

駅に着くと早速東京スカイツリーが迎えてくれました。

やっぱり迫力があります。それに改めて上京してきた時に初めてスカイツリーを見た時の

懐かしい感覚になりました。

・とりあえず昼食へ

お昼時に出発したので、お腹が減りました。

とりあえず食べる場所を探していると、フードコートがあったので、

そこで昼食を取ることに。

一風堂のラーメンや海鮮丼など様々なジャンルの食べ物があったのですが、

私は結局うどんをチョイス。

彼女は海鮮丼を頼んでました。

やはり、自粛の影響もあってか、人はあまり見受けられない印象でしたね。

また、昼食を食べに行く前にこんなものが突き刺さっていました。

ロンギネスの槍

ロンギネスの槍ー!!!

どうやら、東京スカイツリーとエヴァンゲリオンのコラボが映画の上映に合わせて行っているみたいですね。

めちゃくちゃ興奮しましたが、彼女はエヴァンゲリオンを全く知らなかったので、

凄まじく冷たい目線で視られてました笑

洋服やリュックなどともコラボしているみたいだったので思わず興奮してしまいました。

エヴァンゲリオン

・すみだ水族館

昼食を食べてお腹も満たされたので、彼女が以前から行きたいと言っていたすみだ水族館に行くことになりました。

すみだ水族館には行ったことが無かったので、ワクワクしながら向かうと、

すみだ水族館

ありました。すみだ水族館。

料金はこちら↓

 

一般料金 年間パスポート
大人 2,300円 4,600円
高校生 1,700円 3,400円
中・小学生 1,100円 2,200円
幼児(3歳以上) 700円 1,400円

私的にも水族館は結構好きで、特にクラゲとかはゆらゆらしていて気持ちよさそうに

揺れているのをみると現実を忘れます。笑

クラゲ

また、すみだ水族館が他の水族館と違うと思った点としては、

上からでも生き物を眺めることができる点ですね。

普通の水族館だと、横に展示されている生き物を眺めるといった感じですが、

すみだ水族館は真上からとかでも眺めることができたので、

普段とは違うアングルで見れるのが新鮮でした。

水族館

水族館の中にはカフェもあったりしたので、

アイスもいただきました。

パフェ

ペンギンに餌を与えている瞬間も上から眺めることが出来たりして、

とても心が癒されました。

・展望台に登ろうとするも断念・・・

すみだ水族館に行った後は、エヴァンゲリオンのコラボがやっているとのことだったので、

展望台に登りたいなと思い行くことにしましたが、

展望台のお値段が3000円以上するとのことだったので、流石に高いなと断念しました。泣

もっといっぱい稼いで、ケチケチしないようにしたいなと感じましたね・・・笑

その後も東京スカイツリーには様々なショップがあるので、色々と回って

ショッピングを楽しみました。

・おまけで東京駅

すっかり日も暮れて今日のデートは終了です。

久しぶりにデートができて私も彼女もうれしかったです。

また、最後に東京駅が乗り換えだったので、一回降りて写真を撮りました。

東京駅

この写真をみると改めて東京に住んでるんだなーと感じました。

今思っても、仕事を辞めて上京してきた事は間違ってなかったと思います。

帰りは仲良く「丸の内サディスティック」を歌いながら帰りました。

これからも様々な思い出を作っていきたいと思います。

これからも日常的なブログも書いていこうと思いますので、

是非興味ある方は見てくださいね。

それでは、また。

 

 

 

ABOUT ME
shou
東北地方出身の20代。 高校卒業後、地元の消防士となるが劣悪な環境や人間関係、東京に上京したいとずっと考え3年後に東京へ。 新聞奨学生をしながら専門学校に通い、人材派遣会社へと就職。 退職しその後IT企業へと転職。 現在は筋トレしながらブログを書くという生活。