日常

[ネタバレ注意]全裸監督シーズン2は面白い⁉︎あらすじや見どころまでご紹介!

全裸監督2

今回は6月24日からNetflixで放送が開始された「全裸監督 シーズン2」についてのあらすじや見どころについてご紹介していこうと思います!

シーズン1を見ていない人でも分かる内容になっていますので、是非最後まで見てみてください!

全裸監督シーズン1・2のあらすじ

全裸監督2

ちなみにこの全裸監督の物語というのは1980年代に活躍したAV監督・村西とおるの半生をそのまま再現したドラマとなっています。

村西とおるさんは現在もご存命です。

・シーズン1

英語教材の販売をしていた村西とおる(山田孝之)は全く契約を獲得する事ができず、途方に暮れていました。

しかし営業成績トップの上司(板尾創路)の付き添いをしてアドバイスを受けてからは、徐々に契約の獲得方法がわかるようになり、トーク力を武器にトップセールスマンへと上り詰めます。

順風満帆な暮らしかと思いきや、ある日会社のお金を持ち逃げされ、職を失い帰宅したところ、妻が別の男と不倫している現場を目撃します。

妻や子供はその後でていき一人ぼっちになった村西とおるは、ふらっと立ち寄ったお店でお酒を飲んでいると、トシ(満島真之介)という謎の男に出会います。

トシはアダルト業界に精通しており、村西とおるにも裏の世界を見せていくのでした。

その後、村西とおるはトシと一緒にアダルト本であるビニ本を大量に仕入れていき、巧みな話術で書店へと売り込んでいくのでした。

その後アダルトへの興味はますます高まり、やがてアダルトビデオを制作することにします。

その後、伝説のAV女優と言われる黒木香(森田望智)と奇跡的に出会い、処女作である「SMぽいの好き」で不動の人気を誇るようになります。

一方で、AVの規制により村西とおるは何回も逮捕されたりもしますが、その間にも黒木香はテレビタレントとして人気を博していき、もう一度新たな作品を撮り始めていくのでした。

・シーズン2

アダルト業界でも着実に実力を付けてきた村西とおるは、ある日銀行の担当者から衛星放送の話を聞かされます。

衛星放送のチャンネル権を獲得して、テレビでも24時間AVが見れるようにしたいという目標が新たにできたことにより、村西とおるは更に資金を集めるためにAV女優をたくさん集め社名も「サファイア映像」から「ダイヤモンド映像」へと変更します。

一方で社長の川田(玉山鉄二)は質よりも量にこだわり、衛星放送にしか興味が無い村西とおるに対して意見が合わなくなっていき苛立ちを覚え始め、遂には会社を辞めてしまいます。

その後、村西とおるはなんとかして衛星放送のチャンネル権を獲得しましたが、毎月の固定費やAV女優のギャラなど、資金面の管理を全て社長である川田に任せていたので、資金が底をつき支払えない状況へとなっていました。

怒りと苛立ちをAV女優やスタッフに吐き出したことによって反感を買ってしまい、救いであった黒木香からも見放され、村西とおるは徐々に崩壊の道を辿っていくのでした…

全裸監督2の見どころ

全裸監督2

次に全裸監督2の見どころについてお話ししていこうと思います。

・一人一人の演技力

まずこれはシーズン1からずっと思っていたのですが、とにかく一人一人の演技力というのが凄いです。

村西とおるを演じた山田孝之さんは本当にご本人そっくりの口調で演じていましたし、黒木香役を演じていた森田望智さんも身体を張った演技とはまさにこのことだなと思いましたね。

全裸監督ではタイトルの通り、出演者の多くが裸体を披露するシーンがありますが、最初はスケベな心で見ていた私も後半の方からはすごい神秘的なものを見ていると思えました。

美術館で作品を見ているような…そんな気分でしたね。

私的に好きな人物は満島真之介さんが演じていたトシですね。

不器用ながらも仲間想いな性格で、ラストなんかは思わず感情移入しすぎて涙が出るほどでした。

・それぞれの生き様と決断

シーズン1ではどちらかというと一致団結して、小さいながらも共に成長していこう!という感じでしたが、シーズン2からは会社が拡大していくにつれて、それまでサファイア映像で働いていた初期メンバーも会社の中心メンバーになっていきます。

その為、今まで以上に仕事の量と会社の経営方針に疑問を抱きながら、自分はこのままでいいのだろうかという不安と葛藤に悩まされていきます。

一人一人が悩み決断してどのように人生を歩んでいくのかというのが非常に見どころとなっています。

・村西とおるに訪れる悲劇

シーズン1では独自の感性と行動力から人を惹きつけるほどの魅力があった村西とおるですが、シーズン2ではチャンネル権を獲得するために誰の言う事も聞かず、自己中心的な行動が目立ちます。

そのため、周りには次第に誰もいなくなり、一人ぼっちになります。

見ていてかわいそうだなと思う反面、落ちぶれていきながらもクズな本性を見せる姿は、ある意味爽快感というのも感じられました。

自分の実力を過信しすぎた為に村西とおるに訪れる悲劇というのも今作では見ものです。

人生が充実している時こそ、ついつい肝心なことや大事なことを見落としがちになってしまうので、全裸監督はそれを見事に体現しているなと感じました。

個人的な感想

全裸監督2

私は全裸監督のシーズン1を見た時に衝撃を受けたのを今でも覚えています。

その為、シーズン2が出るのを待ちわびていました。

確かにエロい描写はたくさんあるのですが、それ以上にストーリーの展開や役者達の演技が際立っていて、何よりも実話を基に作られているっていうのが凄いですよね。

全裸監督のシーズン1は「一般男性が成り上がるまでの軌跡」という感じでしたが、シーズン2は「成り上がった男性が転落するまでの軌跡」という真逆のストーリー展開で、シーズンを通して思ったのは、

「これぞまさしく人生」

そう思いました。

ただ、いくら失敗してどん底に立たされても這い上がろうとする村西とおるの姿は勇気をもらえましたし、「人生ってなんとかなるんだな」と思えるような作品でした。

まとめ

全裸監督2

今回は全裸監督シーズン2のあらすじや見どころについて紹介しました。

過激なシーンはたくさんありますが、それ以上に人間の本性や村西とおるという人生を垣間見る事ができるので、非常にオススメの作品となっています。

是非気になった方は見てみてくださいね。

それでは、また。

 

ABOUT ME
shou
東北地方出身の20代。 高校卒業後、地元の消防士となるが劣悪な環境や人間関係、東京に上京したいとずっと考え3年後に東京へ。 新聞奨学生をしながら専門学校に通い、人材派遣会社へと就職。 退職しその後IT企業へと転職。 現在は筋トレしながらブログを書くという生活。