メンタル

1日のスマホの時間を制限するだけで今後の人生は良い方向に向かう3つの理由。

スマホを使っている女性
スマホを使っている女性

こんにちは、しょうです。

突然ですが、あなたは1日にスマホやPCを使う時間はどれくらいでしょうか。

ネットフリックスやYouTubeなど様々な動画コンテンツも普及しており、少なくとも3〜4時間、あるいはそれ以上みているのではないでしょうか。

今回はパソコンやスマホの使用時間を少し制限するだけで、今後の人生は確実に良い方向に向かう話を書こうと思います。

・やりたいことが出来る

 

ちなみに、スマホやPCなどの使用を制限することを「デジタルデトックス」と言います。

では、なぜスマホの使用時間を制限することが重要なのでしょうか。

理由は二つあります。

一つ目はやるべきことを簡単にすることが出来るようになるからです。

まず初めに、あなたが資格の勉強をしなければいけなかったとします。

しかしながら、スマホが近くにあるとどうしてもついつい触ってしまい、気づけば長時間経過しているなんてことも珍しくありません。

私も学生の頃テスト前日にはやらないといけないとわかってても、勉強よりもスマホを触ってしまい、テストが散々だった思い出があります。

しかしながら、デジタルデトックスをすることによりやらなければいけない事に集中することができます。

「スマホと勉強」という選択肢から「勉強と何もしない」という選択肢に変わるので、何もしないよりかは勉強を選んだ方がいいですよね。

・不必要な情報が減る

よくSNSなどをみていると、友人が楽しそうにパーティーをしていたりYouTubeを見ててもくだらない企画をしている人がいますが、ついついだらだら見てしまいますよね。

中にはネガティブな情報なども多くあり、実際人というのはポジティブな情報よりもネガティブな情報に対しての方が敏感になりがちです。

その為、休日の日でも携帯で不安を煽るような記事を見てしまうと心が落ち着かない場合があります。

自分と関係なくても誹謗中傷の内容が書いてあったらなんとなく不快になりますよね。

なので、不必要な情報ばかり溢れている世の中だからこそ、自分で取捨選択を行い情報に惑わされる事なく、必要な情報だけを取り入れるようにしましょう。

・睡眠の質が良くなる

よく、「寝る前にはなるべくスマホを使わないようにしましょう」と言われていますが、まさしくその通りです。

理由としては、寝る時に体内には「メラトニン」と言われる睡眠を促すホルモンが分泌されるのですが、スマホを使う事によって、スマホの光がメラトニンを抑制してしまい、なかなか寝付けなくなってしまうのです。

その為、睡眠が十分に取れない場合や疲れが残ってる原因につながります。

睡眠というのは人間が活動する上で必要不可欠なので、不足してると気分が冴えなかったり、鬱病を発症してしまうこともあるので、寝る前の少なくとも1時間前にはスマホを使用するのを避けましょう。

・まとめ

今回はスマホの制限をする事によって人生が変わる理由について書きました。

デジタルデトックスというのは世界的にも流行しており、かなり良い方法であると言われています。

ただ、最初から「半日使わないで生活をする」などと目標が高いと長く継続する事は難しいので、「1日の内に2時間制限する」などといった低い目標から始めることをお勧めします。

ニュースなどでもコロナの報道で、もしかしたら精神的に辛い思いをしている方もいるでしょう。

まずは一度、ネットの世界から距離を置くことで少しは精神的に落ち着くと思うので是非試してみてくださいね。

それでは、また。

 

ABOUT ME
shou
東北地方出身の20代。 高校卒業後、地元の消防士となるが劣悪な環境や人間関係、東京に上京したいとずっと考え3年後に東京へ。 新聞奨学生をしながら専門学校に通い、人材派遣会社へと就職。 退職しその後IT企業へと転職。 現在は筋トレしながらブログを書くという生活。