転職活動や仕事について

就職や転職活動で避けるべきブラックな企業や業界を厳選してみた!

会社
会社

みなさん、こんにちは。

今回は転職活動で避けるべきブラックな企業や業界について話していこうと思います。

私自身は転職して一年が経ちますが、

これから就活や転職活動をする人であれば是非参考にしていただければと思います。

もちろん、会社によっては業界がブラックであってもホワイトな会社もありますが、

ほとんどの会社は業界がブラックであれば、

必然と長時間労働や低賃金などのブラック企業に陥るケースが多いです。

 

 

先に結論から話すと、

私が厳選するブラック業界は、

・飲食業界

・旅行、宿泊業界

・小売業界

・投資や不動産業界

の4つです!

では次にその業界なぜブラックなのかをお話ししたいと思います。

・人の労働が必要不可欠

大抵のブラック企業やブラック業界というのは、人が動き回ることで稼いでいます。

逆にホワイト企業やホワイトな業界というのは、自分の知識を使って機械を動かしたり、

自分自身が体力を使わなくても仕事ができてお金を稼ぐことが出来ます。

また、このようなビジネスというのは、うまくいけばいくほど、楽に効率的にお金を

稼ぐことができます。

しかし、飲食店などの人の労働が必要な業界などというのは、

お店にお客さんが来れば来るほどさらに忙しくなってきます。

つまり、いくら頑張っても楽にならないのです。

・競争が激しい

競争が激しい業界というのは、値段競争が常に厳しかったりします。

ただし、材料や部品などはあらかじめ値段というのが設定されているので、

人材のコストカットが最優先で行われることが多いのです。

その影響により、従業員を酷使したり、低賃金で働かせるような劣悪な環境になります。

その結果、ブラック企業になってしまうのです。

・個人を相手にしている

座っている男性二人

これは私も以前携帯販売員として個人を相手にしていたのですが、

態度が本当に偉そうです。

日本の悪い風習で「お客様は神様」という文化が今でも染みついています。

その為、お客さんと店員の立場というのは、圧倒的にお客さんの方が上になってしまっています。

これが個人ではなく、法人での取引であれば会社を背負っている身なのでそこまでクレーマー

にあたる事はないと思いますが、個人になると本当に変わりますよね。

私も機種変更で訪れたお客様の手続きをしていて、

お渡しする時に、「この携帯の使い方わからないからやっぱりキャンセルして欲しい」

とあまりにも身勝手な理由で返却を求めてきたので、

思わずお客さんのペットボトルで思いっきり殴ろうかと思いましたね。笑

変なイチャモンや文句、お客様の都合で残業をさせられたりもするので、

個人を相手にする業界は避けるべきでしょう。

次にそれぞれの業界のブラックな部分についてお話ししていこうとお思います。

・飲食業界

レジ内している男性

まずは飲食業界についてなんですが、

ここはほとんどの方がご存知かとは思うのですが、

先ほどお話しした3つの内容が全て当てはまっています。

また、飲食業界というのは基本的に土日などの休みの日になると

お客さんがたくさん来店します。

飲食店はもちろん稼ぎ時ではあるので、

土日に休むことが出来ません。

それだけでも大変ですが、

お酒などのアルコール類を提供する居酒屋などは

お客さんが酔っ払うので、ただでさえ面倒臭いような

クレーマーはお酒の勢いで更に対処するのが大変です。

また、お店をオープンする前の仕込みやお店を締めた後の後片付けなども

あるので、基本的に朝早く、夜遅いというような残業ありきの仕事になります。

ブラック業界の典型的な例でしょう。

 

・旅行、宿泊業界

こちらの業界は飲食業界にかなり近いです。

今のご時世では、飲食業界も大変ですが海外の旅行とかも規制されているので、

業界的にもかなり厳しい状態ではあります。

また、宿泊業界に関してはスーパーホテルで24時間365日の拘束という

話題もニュースで取り上げられるほどのブラック業界です。

また、宿泊業界も他社との競争が非常に厳しいので、

結果的に人員不足が続いていて、なおかつ給料が安いということが発生しています。

宿泊業界同様に旅行業界も給料が安いことで有名です。

私も就活の時に某大手の企業の説明会に行ったのですが、

初任給の給料を確認したところ、

とてもじゃありませんが、一人暮らしを都内で行った場合

貯金はまず出来ないだろうなと感じました・・・

 

・小売業界

小売業界も競争がとても熾烈です。

コンビニやスーパーなど多数の店舗がある中で仕事を行うので

ライバルは数知れません。

また、飲食業界同様で、オープンするまでに

商品の陳列や在庫の確認などのバックヤードの仕事を行わなければなりません。

しかも少数の正社員とパートさんで一連の仕事をしないといけないです。

更に、様々なメーカーの商品を扱っているので、

メーカーの商品に不備が発生した場合には、悪いのはもちろん

商品を作り出したメーカーにはありますがお客様には関係ありません。

その為、自分たちは悪くなくても頭を下げたり、不良品を回収したりするなどの

問題もあるので、精神的に疲れるでしょう。

・投資や不動産業界

お金 コイン

最後はこちらの投資や不動産の業界になります。

こちらはこれまで紹介した業界と違って給料が高いです。

ただし、ほとんどの企業が完全歩合制が多いので、

契約を取らなければめちゃくちゃ低くなります。

また、こちらの業界は本当にメンタルがやられます。

お客さんに契約を取らせる為であれば、一切のプライドを捨てて、

騙して契約を取るなどをしなければなりません。

なので、正義感が強い人であればこの業界に行く事は絶対に辞めておきましょう。

また、不動産業界などは本当に実力主義です。

契約を取ったものこそが一番偉いというように評価されます。

その為、契約が取れなかったりノルマを達成できないようであれば、

上司から鬼のように詰められます。。。

私の友人も入社して1ヶ月で辞めました。

心が異常に強いか、何を言われても平気というドMな人であれば適職と言えるでしょう。

 

・まとめ

いかがだったでしょうか。

就職や転職活動で避けるべきブラックな企業や業界を4つほど紹介しました。

もし今後転職活動やこれから就職活動をするという方は、

「絶対に飲食店で店長として登りつめる!」という確固たる目標があれば

別ですが、

そういう目標もなく、ただ漠然と内定欲しさに選ぶのであれば

これらの業界に行かないことをお勧めします。

また、転職エージェントなどもあるので積極的に使ってみるのもいいでしょう。

[affi id=4]

またこのブログでは転職に活動についての記事を他にも取り上げているので

よろしければもう一記事ご覧いただければと思います。

転職活動がうまく行かない人の特徴とは・・・?

それでは、また。

 

 

 

 

ABOUT ME
shou
東北地方出身の20代。 高校卒業後、地元の消防士となるが劣悪な環境や人間関係、東京に上京したいとずっと考え3年後に東京へ。 新聞奨学生をしながら専門学校に通い、人材派遣会社へと就職。 退職しその後IT企業へと転職。 現在は筋トレしながらブログを書くという生活。