転職活動や仕事について

転職面接で緊張するのは当たり前!?緊張をほぐして内定率を上げる方法とは??

転職面接で緊張するのは当たり前!?

面接している男性と女性

突然ですが、面接って緊張しませんか??

会議室に面接官と自分一人。

静寂の空気の中、志望動機や1分間の自己PR・・・

あー・・・考えただけで息が詰まりそうだ・・・

もしかしたら面接で緊張した事はないという方もいるかもしれませんが、多くの人は面接で緊張したり、そもそも面接自体が得意ではないという方もいるのではないでしょうか。

私もコミュニケーション力はある方だと思うのですが、面接になるとガッチガチに緊張してしまって、志望動機をすっかり忘れてしまうなんてこともありました。

初めていく会社の一室で初めて会う人と話すのに緊張するのって当たり前ですよね。

多くの方が面接をする事自体、緊張するのです。

では、何故緊張するのにも関わらず、満足のいく面接をして成功する人と、自分の話したい内容を話せずに失敗してしまう人がいるのでしょうか。

そこには大きく2つのポイントがあるのです。

2つのポイントを抑えることによって今よりも面接で緊張しなくなり、第一志望の企業から内定をもらえる確率も大きく上昇するはずです。

今回の記事ではこんな人におすすめです。

・面接が緊張してうまく話せない人

・面接で落ちてしまう人

・第一志望から内定をもらいたい人

それでは、いきます!

・第一志望の企業から面接を受けてはいけない

グータッチを求める男性

社会人になった人やバイトを経験したことのある人は何かしらの面接を受けた事があると思います。

もしくは学生の頃から受験などでも面接を受けた事はあるのではないのでしょうか。

ちなみに一番最初の面接の時ってどうでしたか??

恐らく、志望理由や自分の自己紹介ですら緊張していて上手く言えなかったのではないでしょうか。

ちなみに私は受験の時に緊張で受験番号から既に間違いました。笑

しかし、面接というのは数をこなしていくうちにだんだんと慣れてきて自分の話したいことがスラスラと言えるようになります。

つまり「慣れ」というのが重要なのです。

私も就活では50社以上受けてきましたが、初めのうちは志望動機を忘れてしまったり、咄嗟の対応も上手く出来ませんでしたが、最後の方になってくると、面接官とコミュニケーションをスムーズに取れて、自然と対話することができるようになりました。

しかし私は第一志望の企業から受けていたので、面接に慣れた頃にはあまり志望度の高い企業は残っていませんでした。

その為、始めは志望度の低い企業から受けて、ある程度慣れてから志望度の高い企業を受けることをオススメします。

・転職目的を把握する

携帯で説明している男性

転職する時に考えて欲しいのが、

「何のために転職をするか」ということです。

もしもあなたが「有名企業だから働きたい!」とか「上場企業だから安定してそう」

などの理由でその会社に入社したいと思っているのであれば要注意です。

このような考えを持って転職活動をしてしまうと、面接の時に

「この企業に落ちたらおしまいだ・・・」などの過度なプレッシャーを自分自身に与えてしまい、本来の自分を出せないまま不採用になってしまいます。

入社することを目的をするのではなく、どのようなスキルを習得してどのような人生を歩みたいかなどをしっかりと明確化することが重要になります。

将来のことまで考えた時に、仕事というのは生きる術の一つでしかないということを考えるようにしましょう。

また、企業というのは数え切れないくらいたくさんあります。

そのため、第一志望の会社にもし落ちたとしても、

「また違う企業を探せばいいか」という考えでいれば緊張を少し緩和して本来の力を出すことができるはずです。

・転職エージェントを使うのも一つの手

とは言っても、なかなか時間が無かったり実践に移すのが難しいと思う方もいるかもしれません。

そんな時は転職エージェントを頼るのも一つの手だと思います。

私が転職活動した際にはマイナビのマイナビジョブ20’sを使用していました。

マイナビジョブ20’sでは以下の内容を全て無料で行ってくれます。

●自分の職業にあった適性診断

●キャリアカウンセリング

●求人の紹介

●内定獲得のための面接対策

●履歴書や職務経歴書の添削 、アドバイス

●日程調整や企業とのやり取りを代行

●内定後の入社交渉の代行

私も転職活動で自分の面接対策や履歴書の添削をマイナビジョブ20’sに見てもらったりしました。

「転職活動自体、何を最初にやればいいのかわからない」という方は特に転職エージェンとを使ってみることをオススメします。

・まとめ

今回は面接で緊張していても内定率を上げる方法についてお話ししました。

まとめとしては、

要点まとめ

・第一志望の企業から面接を受けてはいけない

・転職目的を把握する

・転職エージェントを使うのも一つの手

面接というのは誰しもが緊張するものです。

今回の記事を参考に、転職活動の内定を獲得してくれる人が少しでも多く増えてくれたらなと思います。

それでは、また。

 

 

ABOUT ME
shou
東北地方出身の20代。 高校卒業後、地元の消防士となるが劣悪な環境や人間関係、東京に上京したいとずっと考え3年後に東京へ。 新聞奨学生をしながら専門学校に通い、人材派遣会社へと就職。 退職しその後IT企業へと転職。 現在は筋トレしながらブログを書くという生活。